リンマンブルース ゴールデンレトリバーの生態とマンガ

ゴールデンレトリバーのエフとコメ、そして私とef夫の日常を写真とマンガでつづります。

エフの下痢がようやくおさまった。昨日の朝、夫と三人で近所を散歩。出掛ける支度をしていると、「もしかして今日は会社へ行くんじゃないのかも・・」「もしかして一緒に連れて行ってくれるのかも・・」「・・・いやまてまて、まだ喜んじゃいけない・・・・・」と、期待と不 ... 続きを読む

エフの下痢がようやくおさまった。
昨日の朝、夫と三人で近所を散歩。
出掛ける支度をしていると、
「もしかして今日は会社へ行くんじゃないのかも・・」
「もしかして一緒に連れて行ってくれるのかも・・」
「・・・いやまてまて、まだ喜んじゃいけない・・・・・」
と、期待と不安の入り混じった顔でじーっと見つめている。
リードと散歩バックを持つと表情がガラリと変わり
ダッシュで玄関へ行き、お座りしつつ、前足をばたばたさせニコニコ笑う。
外へ出ると、いつになく大興奮。
怒られるので夫には飛びつかないエフだが、
今日ばかりはものすごい跳躍を見せる。
いつもの緑道を歩き、しばらくしてウンチの体制に入る。
まだ、下痢かなぁ・・・と不安げに見つめる我々二人。
おしりをわなわなさせたその下に見たものは、
固形のうんち!
まだ少しやわらかいが悪くない状態。
「よーし、いい子だ、いい子だ」といつものように褒めると
誇らしげなエフ。

今日の朝は、もう完璧なうんちでした。
ふー、よかった。


エフの調子が悪い。昨日の朝、起きてすぐに吐いた。そして下痢。昨日の昼ごろから今日の夜まで10回近くトイレに行っている。エフの様子はいつもと変わらずいたって元気で食欲も旺盛だが、あまりに下痢が続くので、夜の食事を一回抜いてみた。大丈夫だろうか。犬はちょっとし ... 続きを読む
エフの調子が悪い。
昨日の朝、起きてすぐに吐いた。
そして下痢。
昨日の昼ごろから今日の夜まで10回近くトイレに行っている。
エフの様子はいつもと変わらずいたって元気で食欲も旺盛だが、あまりに下痢が続くので、夜の食事を一回抜いてみた。
大丈夫だろうか。
犬はちょっとしたストレスですぐに下痢をするって聞くので、週末の長距離ドライブや、慣れないところでのお泊りなんかが原因かな、とも思うのだが、少し心配。
散歩で変なもの拾い食いしたかな・・。
この家に来てから、調子が悪いときなどほとんどなかったので、こういうときうろたえてしまう。
明日の朝も下痢してたら、病院に連れて行こう。


経堂の農大通り商店街には古本屋がたくさんある。ついつい入っては長い時間本を物色してしまう。この日も全品10%引きの表示につられて何冊か購入。高野和明、宮部みゆき、などなど。そして手塚治虫の「火の鳥 宇宙・生命編」を見つける。「火の鳥」は家に何冊かあったが ... 続きを読む
経堂の農大通り商店街には古本屋がたくさんある。
ついつい入っては長い時間本を物色してしまう。
この日も全品10%引きの表示につられて何冊か購入。
高野和明、宮部みゆき、などなど。
そして手塚治虫の「火の鳥 宇宙・生命編」を見つける。

「火の鳥」は家に何冊かあったが、「宇宙・生命編」はもっていないはず。
その夜早速寝る前に読む。
「宇宙編」は、宇宙船から脱出した隊員が流刑星にたどりつき、その星で囚人たちが永遠に生と死を繰り返すという罰を受けているはなし。
「生命編」は、視聴率を稼ぎたいTVプロディーサーが、クローン人間を作り彼らをハンティングするというショーを企画するはなし。
これっていったい何年前に描かれた話なの?と思わず巻末を見る。「生命編」は1980年、「宇宙編」はなんと1969年に描かれているではないか。1969年というと今から36年前、その頃からこんなふうに人類の未来に警告していて、それが今読むととてもリアルで悲しくて怖くて。
それと「火の鳥」全編に出てくる「猿田」。彼はいったい何の象徴なのだろう。何を言いたかったのだろう・・・。
手塚治虫は天才としかいいようのない人だけど、実は神様だったんじゃないの?と思う。
すごい、すごいとは思っていたが、ほんとに偉大な人だ。
「火の鳥」のような作品をこんなしがないブログで取り上げてはいけないような気もするが、
あらためて尊敬した。


先週末、実家に帰った時、待望の富士宮やきそばを食べに出掛けた。いつの間にかやきそばで知られるようになった富士宮市だが、予算をかけず市民の手で町おこしに成功したいい例だろう。行政予算を一円も使わず、市にもたらした経済効果は数十億円といわれているから、たいし ... 続きを読む
先週末、実家に帰った時、待望の富士宮やきそばを食べに出掛けた。いつの間にかやきそばで知られるようになった富士宮市だが、予算をかけず市民の手で町おこしに成功したいい例だろう。行政予算を一円も使わず、市にもたらした経済効果は数十億円といわれているから、たいしたものだ。富士宮やきそば学会会長の渡辺さんという方がとてもユニークで面白い。以前テレビに出演されているのを拝見したが、ゲラゲラ笑ってしまった。

さて、夏に兄に連れて行ってもらった「ふみ」へ行こうとするが、並んでいる気がして、いつも行く「じねん坊」へ。「ふみ」は昔からある駄菓子屋さん風で大きな鉄板があり、饒舌なおばさんが焼くやきそばがそれはそれは美味しい。通好み。「じねん坊」は広くてこぎれいで、自分でも焼けるし焼いてももらえる。気軽に入れて落ち着いて食べられる。


まずは瓶ビールとイカゲソと塩モツ。
イカの焼けるにおいってどうしてこんなにそそるのだろう。
はじめて食べた塩モツもとても美味しかった。

そして、やきそば注文。今日はいつもの「ミックス」と、どうしても気になる「カレー」というやつをたのむ。店のおばさんに焼いてもらうと、目の前の鉄板で手際よくあっという間に2種類のやきそばが出来上がった。腰のある「蒸し麺」、「肉かす」、「だし粉」、麺がちょっと焦げたところがまた美味しい。「カレー」はカレー粉をまぶしたひき肉がたくさん入っており、これまたウマイ。勢いよく食べ始め、すぐに完食。歯に青のりを大量につけたまま店を出る。うむ、満足。

「じねん坊」の斜め向かいには、くんちゃんの実家「ヨダヤ」さんがある。味のある洋品店。昔から全く変わってない。高校の頃、よくココの2階にお邪魔した。みんなでクリスマスパーティーとかやったなぁ。なつかしいなぁ。
そういえば、あの頃私は、やきそばの「蒸し麺」を、袋から出して生のままおやつに食べていた。


先日の出来事。246を車で走行中、三宅坂付近で左手に最高裁判所を見ながらの会話。私「すごい建物だよね。誰が作ったんだろう。」夫「うん。」私「やっぱり丹下段平かなぁ。」夫(やや半笑いで)「はあ?なんで?丹下段平ってあしたのジョーのおじさんだよ。なんであのおじさ ... 続きを読む


先日の出来事。246を車で走行中、三宅坂付近で左手に最高裁判所を見ながらの会話。


私「すごい建物だよね。誰が作ったんだろう。」
夫「うん。」
私「やっぱり丹下段平かなぁ。」
夫(やや半笑いで)「はあ?なんで?丹下段平ってあしたのジョーのおじさんだよ。なんであのおじさんが最高裁判所建てるの。」
私「・・・・・・・・あのう・・・、丹下健三って知らない?都庁とか設計した・・・」
夫「・・・・・知らん。」

「丹下健三」を「丹下段平」とわざと言い間違えて、そのギャップで笑いを誘おうとした私の投げかけは何の意味もなさなかった。
夫は丹下健三を知らなかった。
そっちの方ががっかりだ。

※この記事を読んだ夫から猛抗議を受けた。
丹下健三を知らなかったわけではないと。ただ名前が出てこなかっただけだと。

ちなみに最高裁判所は「岡田新一」という方らしいです。


東名を走っていると色んな車が見られて楽しい。夫は走っている車の形状やホイールの様子などを見ながら好き放題に批評する。休日の朝は特に、ホロを開けて気持ちよさそうに走るオープンカーがよく見られる。大抵はいい年頃のおじさんが一人で楽しそうに運転している。いい感 ... 続きを読む
東名を走っていると色んな車が見られて楽しい。夫は走っている車の形状やホイールの様子などを見ながら好き放題に批評する。
休日の朝は特に、ホロを開けて気持ちよさそうに走るオープンカーがよく見られる。大抵はいい年頃のおじさんが一人で楽しそうに運転している。いい感じ。
この日も我々の車の左側に白いオープンがやってきた。助手席からじーっと見つめる私と運転手のおじさんの目が合った。おじさんは厚いコートを着込んで帽子をかぶり、にやりとして、左から颯爽とぬいていった。


東京インターから東名に入って走ること一時間程、後部座席のエフがあくびを連発し始める。鼻がテカテカし、ハーハー舌を出して息をしだす。さらに「エフ臭」がし始めると、もう吐くのは時間の問題。急遽、足柄SAに寄る。ぎりぎりセーフで吐くのはガマンできた。今回はじめて見つけたのだが、足柄SAには愛犬広場というドッグランがある。しかも誰もいない。エフは大喜びで走り回る。高いところにも登ってみせた。
いつかオープンカーにエフを乗せて颯爽と走りたいのだが、当分は無理そうだ。・・・その前に金もないが。


私の実家は富士山のふもとにある。のどかで平和なところ。皆のんびり歩く。子どもの頃から富士山を見るのが大好きだった。何度見てもそのたびに「きれいだなぁ」と感動してしまう。←実家の物置の2階から見た朝の富士山実家には東京の家と違って庭がある。エフは自由に走り回 ... 続きを読む
私の実家は富士山のふもとにある。
のどかで平和なところ。皆のんびり歩く。
子どもの頃から富士山を見るのが大好きだった。
何度見てもそのたびに「きれいだなぁ」と感動してしまう。

←実家の物置の2階から見た朝の富士山

実家には東京の家と違って庭がある。
エフは自由に走り回る。本当にうれしそう。
植木の葉っぱを食べ、花壇の土を堀り、
つくばいの水をバシャバシャ飲み、
那智黒の上にうんちをする。
気持ちよさそう。

エフは父が大好き。
今回も車を降りると一目散で父に抱きついた。
部屋に入ってもずっと父のひざの上に手をのせて離れない。
テーブルの上に手をかけるので夫が怒ると
父のもとへ隠れる。
「そりゃあ、テーブルの上になにがあるか見たいよなぁ。」と父。
私たちには見せたことのないような表情で甘えている。
おそらく同じ動物のにおいがするのだろう。
二人はとても相性がいい。


2階のベランダから道行く人を眺めるエフを外から見るとこうなっている。はじめて見る人はかなりびっくりする。大抵の人は微笑ましく見てくれているようだが、この間、幼稚園児の団体が通ったとき、「なにあれー、きゃー、こわーい、きもちわるーい。」と叫ばれた。エフは黙 ... 続きを読む
2階のベランダから道行く人を眺めるエフを
外から見ると

こうなっている。
はじめて見る人はかなりびっくりする。

大抵の人は微笑ましく見てくれているようだが、
この間、幼稚園児の団体が通ったとき、
「なにあれー、きゃー、こわーい、きもちわるーい。」
と叫ばれた。
エフは黙ってしっぽをふっていた。


週末は私と夫両方の実家へ出掛けた。エフはまず兄家族にもみくちゃにされ嬉しくてたまらない。そして初対面のシド(ポメ、7ヶ月)の無邪気な攻撃にあう。それから義姉家族にかわいがられ、一緒にトランプに興じる。王冠をかぶせられたりするが、ビビは背中に乗ってくれない。 ... 続きを読む


週末は私と夫両方の実家へ出掛けた。
エフはまず兄家族にもみくちゃにされ嬉しくてたまらない。
そして初対面のシド(ポメ、7ヶ月)の無邪気な攻撃にあう。



それから義姉家族にかわいがられ、一緒にトランプに興じる。
王冠をかぶせられたりするが、ビビは背中に乗ってくれない。
怒涛の週末を過ごしたエフは、帰りの車でなにやら寝言をいいながら熟睡していた。



ウチに帰ってきてからは、一人静かにテレビ見てます。


こんにちは夫です。法廷、裏の組織、謎解きと同様にモルグも好きです。寝る前に読む本、夢のひと時、物語は日常とギャップがあるものしか読みたくないのですが、近頃世の中物騒で、結構身近にも感じてしまいます。現実逃避のためにはもうメルヘンしかないのかも。 ... 続きを読む
こんにちは夫です。法廷、裏の組織、謎解きと同様にモルグも好きです。
寝る前に読む本、夢のひと時、物語は日常とギャップがあるものしか読みたくないのですが、近頃世の中物騒で、結構身近にも感じてしまいます。現実逃避のためにはもうメルヘンしかないのかも。


夫が今朝コーヒーを飲みながらつぶやいた。「今までオレの人生、色んな人に助けられてきた。困った時はいつも誰かが助けてくれた。おかげでここまで生きてこれた。」と。「まず『ドカベン』」「ことわざや四文字熟語はドカベンが教えてくれた。」 「それから 『男どアホウ ... 続きを読む
夫が今朝コーヒーを飲みながらつぶやいた。

「今までオレの人生、色んな人に助けられてきた。
困った時はいつも誰かが助けてくれた。
おかげでここまで生きてこれた。」と。




「まず『ドカベン』」

「ことわざや四文字熟語はドカベンが教えてくれた。」 



「それから 『男どアホウ甲子園』」 

「真っ向勝負の美しさを学んだ」


さらに続く、


「そして 『野球狂の詩』」

「世の中の悲哀を教えてもらった。」 


・・・・・・・。
全部ただの野球漫画だと思っていた。
どうやら違うらしい。

「あれ、ゴルゴは?」と聞くと、
「彼には世界のしくみを教えてもらった。」

夫は大真面目に朝からこう言った。


あまりにおかしかったので、ひとつも読んでないけど書評にいれとく。


ここのところ家の中が犬くさい。しばらくエフを洗っていなかった。いわゆる「エフ臭(えふしゅう)」がする。大型犬を洗うのはかなりの重労働なので、体力気力とも充実している時でないとできない。と言い訳してさぼってきたが、このままだと居住者全員がエフ臭を放つように ... 続きを読む
ここのところ家の中が犬くさい。しばらくエフを洗っていなかった。いわゆる「エフ臭(えふしゅう)」がする。大型犬を洗うのはかなりの重労働なので、体力気力とも充実している時でないとできない。と言い訳してさぼってきたが、このままだと居住者全員がエフ臭を放つようになってしまうので、意を決して洗うことにする。
シャンプーもリンスもどこにでも売っているライオンの犬用。のみもダニもいないと思うがなんとなくコレを使っている。ピンクの子犬用リンスを使うととてもいいにおいに仕上がる。さて、エフをお風呂場に呼ぶとしっぽを振ってうれしそうに走ってくるが、シャンプーやタオル類を見て、脱衣所で急ブレーキをかけ、かたまる。無理矢理抱きかかえて入れ、ぬるめのシャワーで全身を濡らす。おお、黒い水が流れていく。相当汚れてたのね。エフはシャンプーをし始めると今までの抵抗がウソのようにじっと動かなくなる。全くなすがままなのでとてもやりやすい。顔をゴシゴシ洗っても全く抵抗なし。ワキの下から耳の際まですみずみ洗って、更にリンス。そしてよくすすぐ。泡がちょっとでも残らないように念入りに。それからバスタオルで拭き、ドライヤーをかける。ふー、腰がいたい。


お風呂場を出ると、エフはいままでのガマンを爆発させたように暴れだす。猛ダッシュでリビングの端から端まで走り、クッションを振り回し、ころがっているおもちゃをくわえて暴れ馬のように何度もジャンプ。床をガリガリかき出したり、もうどうにも止められない。やめてー、家がこわれるー。抜けた毛が部屋中フワフワ舞い、それをエフが追いかけジャンプしてパクッと食べる。
・・・・・もう、好きにしてください。



シャンプー後の浴室付近はエフの濡れた毛が床にも壁にもいっぱいはりついている。排水溝も毛で詰まってるし。
エフの全身を拭くのに使ったのはバスタオル3枚タオル4枚ほど。もうビショビショで毛だらけ。私もビショビショで毛だらけ。
洗濯して屋上に干す。エフはなおもハイテンション。せんたくばさみをくわえて走り回る。はいはい、楽しいねー。





暴れ疲れて、床にバタリと倒れこむように寝る。
お疲れ様でした。


昨日、外出先から帰宅して玄関をあけると、エフがいない。いつもなら一階のケージの中からノソノソと出てくるか、リビングのある2階の階段の上からこっちを見下ろしているかなのに、今日は姿がない。物音もしない。どこへ行ったかな、と思いつつ階段を上りそーっと寝室をの ... 続きを読む
昨日、外出先から帰宅して玄関をあけると、エフがいない。いつもなら一階のケージの中からノソノソと出てくるか、リビングのある2階の階段の上からこっちを見下ろしているかなのに、今日は姿がない。物音もしない。どこへ行ったかな、と思いつつ階段を上りそーっと寝室をのぞくと、いた。ベッドの上で寝ている。禁止されてるベッドの上でひそかに昼寝をしていた。私に気付くとこっちに顔を向けたまま微動だにしない。すまなそうな顔。おもわず携帯で記録。カシャリというシャッター音にも、なおも同じ顔してかたまってる。その姿があまりにおかしくて、今日のところは見逃してやることにした。



梁 石日(ヤン・ソギル)で一番最初に読んだのがこれ。以降彼の骨太い小説にはまる。「血と骨」は著者の実の父親「金俊平」をモデルにして、その生き様が描かれている。強靭な肉体をもち、とにかく凶暴で、猜疑心のかたまりで、業が深い、金俊平という圧倒的な存在に周りの人 ... 続きを読む
梁 石日(ヤン・ソギル)で一番最初に読んだのがこれ。以降彼の骨太い小説にはまる。「血と骨」は著者の実の父親「金俊平」をモデルにして、その生き様が描かれている。強靭な肉体をもち、とにかく凶暴で、猜疑心のかたまりで、業が深い、金俊平という圧倒的な存在に周りの人間すべてが巻き込まれていく。同時に朝鮮半島から渡ってきた在日1世とその家族たちが戦後の日本で生きていく厳しさと、彼らのたくましさがリアルに描かれている。読んでしばらくは、凶暴な金俊平が頭からはなれなくなり、自分なりに想像した彼のマネをして遊んだ。いまだにやってる。

「血と骨」の中で金俊平がいつも着ていた「薄汚れた毛皮の半コート」ってやつが印象的で、一昨年前、渋谷のGAPでこのジャケットを試着してみたとき、「ちょっと、金俊平ぽくないか?」と一瞬ためらったが購入してしまった。衿と裏地がボアで表地がスウェード調のコレ、私にはどうしても金俊平を連想させる。なのでこれを「薄汚れた毛皮の半コート」と呼んでいる。


土曜の夜は焼肉を食べに出掛けた。経堂駅前の「まるさん」にする。ここの何がいいって、とにかく安い。生ビール340円、ホルモン280円、鳥モモ190円、今月はカルビも390円。そして、いつ行っても待たされない。このあたりの焼肉屋さんはどこも結構混んでいて週末 ... 続きを読む
土曜の夜は焼肉を食べに出掛けた。経堂駅前の「まるさん」にする。
ここの何がいいって、とにかく安い。
生ビール340円、ホルモン280円、鳥モモ190円、
今月はカルビも390円。
そして、いつ行っても待たされない。
このあたりの焼肉屋さんはどこも結構混んでいて週末は特に並んでいたりするのだけど、ここは駅前なのに目立たないとこにあるし地味なので大抵空きがある。
さらにお店の人の感じがいい。
白髪のおじさんと色白ですっきりとした女性(勝手に親子だと思っているが)、この二人がとてもいい。お父さんの方は、慌てているようで落ち着いているなんとも表現しにくい独特の雰囲気、聞こえてなさそうで聞こえていて、オーダーもれかと思っても決してそんなことはない。そして腰が低い。
娘さんの方は淡々としていて声がか細くてイイ。とても丁寧で気が利く。いいコンビ。
とにかく押し付けがましくなく放っておいてくれるし、居心地がよいのです。



どんなに食べてもお財布余裕。

さすが、まるさん。



好きです。焼肉。


ウチに来てからしばらくはサークルを使っていた。夜寝るときと留守番中はここで過ごす。←生後2ヶ月サークルから飛び出すようになったのでフタをつけて応急処置。しかしすぐこれも飛び越えるようになりサークルはたたむ。←生後4ヶ月←現在生後10ヶ月サークルなしでトイ ... 続きを読む
ウチに来てからしばらくはサークルを使っていた。
夜寝るときと留守番中はここで過ごす。
←生後2ヶ月

サークルから飛び出すようになったのでフタをつけて応急処置。
しかしすぐこれも飛び越えるようになりサークルはたたむ。
←生後4ヶ月


←現在生後10ヶ月
サークルなしでトイレのみ。
ちょっと失礼します。
             


今日は朝から暗くて寒い曇り空。遠出はあきらめて近くの東宝日曜大工センターへ。いつも結構混雑しているのに今日はガラガラ。なぜに?今日はお祈りの日か何か?と少し不安になりながら中へ。しかしいつも思うが、日曜大工センターのキャラクターのこのひげのおじさん、一体 ... 続きを読む
今日は朝から暗くて寒い曇り空。遠出はあきらめて近くの東宝日曜大工センターへ。いつも結構混雑しているのに今日はガラガラ。なぜに?今日はお祈りの日か何か?と少し不安になりながら中へ。
しかしいつも思うが、日曜大工センターのキャラクターのこのひげのおじさん、一体なに?だれ?
一階の衣裳部屋に棚をつけるため材料を購入。ついでにエフのおしっこのしみだらけになったリビングのカーペットも50㎝四方のタイルカーペットに貼りかえることにする。これなら汚れたとこだけ取り替えられる。しかし、ここは都内で貴重なホームセンターなのでよく来るのだけど、ちょっとお値段高め。
ジャンボ・エンチョーが恋しい。


棚完成。150㎝幅のが二段、高さは自由に変えられる。収納家具を置こうと思ってたけどこっちの方がいい。パーペキ。
夫はこういう作業が上手。イイ仕事をする。あと、工具類が大好き。ドライバーセットとかラジペンとかドリルとか。いつか巨大な工具箱を持つことが男の夢だという。


私がパソコンに向かっていて、しばらく画面ばかり見ていて、はたと顔を上げると、向かいの席にエフが座っていたりする。イスに上がってはいけない、と普段から怒られているので、目を合わせない。 ... 続きを読む



私がパソコンに向かっていて、しばらく画面ばかり見ていて、はたと顔を上げると、向かいの席にエフが座っていたりする。イスに上がってはいけない、と普段から怒られているので、目を合わせない。


      土曜の朝、大井埠頭中央公園のドッグランへ行こうと出発。しかし環七が大渋滞、エフが気持ち悪くなる前に、途中で引き返していつもの駒沢公園ドッグランへ。久々で大喜び。犬友達と遊ぶエフ。 帰りの車では疲れて眠る。家に着いたら玄関先でブラッシング。異常に ... 続きを読む
     

土曜の朝、大井埠頭中央公園のドッグランへ行こうと出発。しかし環七が大渋滞、エフが気持ち悪くなる前に、途中で引き返していつもの駒沢公園ドッグランへ。久々で大喜び。犬友達と遊ぶエフ。



帰りの車では疲れて眠る。家に着いたら玄関先でブラッシング。異常に毛が抜けます。


夫の実家にはミニチュアダックスの女の子、ビビがいる。ビビはエフが苦手。なぜならとても大きいから。正月にエフがお邪魔した時、ビビはずっと台所の片隅でじっとしていた。勇気をだしてエフに近づこうとすると、エフは大きな体をゆさゆさ揺らしながら突進してくる。よだれ ... 続きを読む


夫の実家にはミニチュアダックスの女の子、ビビがいる。ビビはエフが苦手。なぜならとても大きいから。正月にエフがお邪魔した時、ビビはずっと台所の片隅でじっとしていた。勇気をだしてエフに近づこうとすると、エフは大きな体をゆさゆさ揺らしながら突進してくる。よだれとか垂らして。ふみつぶされそうなので仕方なく台所の片隅に隠れてじっと様子をうかがう。けなげでかわいいビビ。次こそはエフの背中に乗ってみよう。そして海まで散歩に行こう。