ここのところ家の中が犬くさい。しばらくエフを洗っていなかった。いわゆる「エフ臭(えふしゅう)」がする。大型犬を洗うのはかなりの重労働なので、体力気力とも充実している時でないとできない。と言い訳してさぼってきたが、このままだと居住者全員がエフ臭を放つようになってしまうので、意を決して洗うことにする。
シャンプーもリンスもどこにでも売っているライオンの犬用。のみもダニもいないと思うがなんとなくコレを使っている。ピンクの子犬用リンスを使うととてもいいにおいに仕上がる。さて、エフをお風呂場に呼ぶとしっぽを振ってうれしそうに走ってくるが、シャンプーやタオル類を見て、脱衣所で急ブレーキをかけ、かたまる。無理矢理抱きかかえて入れ、ぬるめのシャワーで全身を濡らす。おお、黒い水が流れていく。相当汚れてたのね。エフはシャンプーをし始めると今までの抵抗がウソのようにじっと動かなくなる。全くなすがままなのでとてもやりやすい。顔をゴシゴシ洗っても全く抵抗なし。ワキの下から耳の際まですみずみ洗って、更にリンス。そしてよくすすぐ。泡がちょっとでも残らないように念入りに。それからバスタオルで拭き、ドライヤーをかける。ふー、腰がいたい。


お風呂場を出ると、エフはいままでのガマンを爆発させたように暴れだす。猛ダッシュでリビングの端から端まで走り、クッションを振り回し、ころがっているおもちゃをくわえて暴れ馬のように何度もジャンプ。床をガリガリかき出したり、もうどうにも止められない。やめてー、家がこわれるー。抜けた毛が部屋中フワフワ舞い、それをエフが追いかけジャンプしてパクッと食べる。
・・・・・もう、好きにしてください。



シャンプー後の浴室付近はエフの濡れた毛が床にも壁にもいっぱいはりついている。排水溝も毛で詰まってるし。
エフの全身を拭くのに使ったのはバスタオル3枚タオル4枚ほど。もうビショビショで毛だらけ。私もビショビショで毛だらけ。
洗濯して屋上に干す。エフはなおもハイテンション。せんたくばさみをくわえて走り回る。はいはい、楽しいねー。





暴れ疲れて、床にバタリと倒れこむように寝る。
お疲れ様でした。