午前中エフを連れて世田谷城址公園へ散歩に出掛ける。ここは室町~戦国時代に、忠臣蔵で有名な吉良上野介義央の先祖が支配していた城址だそう。三方を塀で囲んだ防備の堅固な城だったらしい。現在はわずかに小高い丘の中に枯山水風の谷や小川があり、緑の茂る小さな公園になっている。 だれもいなかったのでエフを放つ。嬉しくて丘を上ったり下ったり走り回る。

何を思ったかブランコに乗る夫。往年の青春映画のひとコマのように楽しそうに。もしくはハイジか。相当ストレスがたまっていたんだろう。ちょっと気持ち悪い。エフはうらやましそうに見つめる。私は通りを行く人の目が気になる。