整体の帰り道、高田馬場を歩いていると、いつも行列をつくっているラーメン店がある。

昨日も行列だった、ここ「純連」。こちらは「じゅんれん」と読むそう。新横浜のラーメン博物館にあったのは「純連(すみれ)」。「じゅんれん」はお兄さん、「すみれ」は弟さんがやっているらしい。共に札幌からの東京進出。おそらく日本で一番人気のある味噌ラーメンなのではないか。固めでコシの強い麺に熱々の油ににんにくなどの様々なスパイスの交ざった独特の濃厚なスープ。コクがあってとてもおいしく、カラダがあったまる。

そして、同じ通りにある「ラーメン二郎」。こちらのラーメンをこよなく愛する人は多く、そんな熱狂的な二郎ファンを「ジロリアン」と呼ぶそう。油ギトギトの濃厚な醤油味スープにあふれんばかりの太麺、野菜、豚、にんにく、その類まれな濃厚さとインパクトのある量に一度行くと虜になる人は多いらしい。いつも混んでいるがこの日は並んでいなかったので、一瞬、入ってみようかと思うが、はまってしまったらどうしようという恐怖感に、やむなく素通り。