ほとんど使わなかったエリザベスカラーを片付けようと、ちょっとソファの上に置いておいたら、

めったに吠えないエフがカラーに向かってワンワン吠えた。離れた位置から必死で吠える。

吠えながら少しづつ近づく。私の方をちらちら振り返りながら。

おそるおそる覗き込む。

何かを感じとったのか、すばやくフセのポーズ。
「もうイヤです」「堪忍してください」ということか。