「あ、いたいた。」
梅雨の合間の誰もいない公園を独り占め。丘の上までダッシュでのぼって私を探す。