土曜日も仕事だった夫。疲れたカラダが肉を欲しているようで、世田谷通りの「珠苑」へ。まるさん、牛角、牛鉄あたりのお肉にすっかり慣れていた我らだが、やっぱり本物のお肉は違うと実感。この味をまた思い出してしまった。そしてこの間教えてもらった、シメにホルモンとライスを食べるのがすっかりお気に入りの夫。この日もホルモンを焼きながらライスと共にむしゃぶりついていた。



満腹でお店をあとにすると、そこには新しい「BOOK OFF」が出来ていた。朝から区役所前の信号のところで黄色い旗を振ってる人がいたのはこれだったのか。入ってみると夜遅いのに人がたくさんいて活気がある。品揃え豊富。小説も漫画もCDもDVDも。いつも経堂の弱小古本屋ばかり行ってる我らにとっては夢のような空間。クラクラする。やっぱり大手は違うなあ。農大通り商店街危うし。


あ、マスターキートン発見、一冊350円。ってことは全18巻4500円で買ったのはお得だったってことだ。店の隅で小さくガッツポーズ。そして随分前から「女帝」っていうのが面白いらしいといううわさを耳にしてウズウズしていた私。お店の人に聞いてみたが3巻と13巻しかないとのこと。それじゃあ大人買いができやしない。今日のところはあきらめよう。

夫は「ドカベン」1巻をうなりながら立ち読み。ブックオフって立ち読みし放題なのね。もう何から見ていいやら目移りしながら、結局は、ジョングリシャムを2冊とゴルゴを2冊とブラックジャックを2冊子ども買いして帰ってきた。