シャンプーに対する反応は頑ななエフだが、耳掃除に対する反応はいたって従順。

イヤークリーナーを手に「耳そうじするぞ」と言うと、「またあ?」みたいな顔をして、ためらいつつもスゴスゴとやってきて私の前に横になる。

そしておとなしくカラダを横にしてじっとしてる。
「はやいとこ、お願いします。」

イヤークリーナーを数滴耳の中にたらし、耳をマッサージして、ブルブルっとさせたあと、コットンで中をふき取る一連の作業。面白いほどおとなしくしている。気持ちいいのか?