あげてなかったラーメン・餃子のご紹介。

まず、近所に出来た豚骨ラーメンのお店、「九州麺飯」。経堂駅から農大通り商店街を南下、経堂大橋の信号を右へ行く。5月にオープン。今までに3回程行きました。カウンターだけの小さいお店。厨房機器もイスも券売機も備品は全てリサイクル品を利用した感じ。あまり接客慣れしてないおじさんが汗をびっしょりかきながら作ってます。そしてココ、店内が暑い。最初行った時は明らかに冷房自体がなかった。2回目に行った時は2機の中古っぽい冷房が設置されていたが、何故か生暖かい風が出ていてちっとも涼しくなかった。なのでお客さんも汗びっちょり。我らは全然平気だけど、先日まだ初々しい感じのカップルが来ていて、おめかしした彼女がハンカチで顔をおさえながら不快そうにしていたのと、その横で気まずそうにしていた彼氏がちょっと気の毒だったので、付き合い始めのデートには向かないと思う。でもココの豚骨ラーメン美味しいです。マー油がかかる黒塩と唐辛子ダレがかかる赤塩がある。写真は黒塩500円に海苔と煮玉子トッピング。汗びっちょりになってでもうまい豚骨食べたい人におすすめ。





2件目はおなじみ三軒茶屋の「東京餃子樓」。朝4時半までやってる餃子屋さん。深夜でも人が並んでいたりする。焼き餃子290円、水餃子290円、どちらも軽めでパクパク食べられる。私のお気に入りは辛味挽肉ののった「もやし」180円。これ美味しい。
でも並んでまで食べたいとは思わないなあ。





3件目は新宿の「山田家」。いつも買い物に行く高島屋タイムズスクエアから明治通り側に出て、20号の高架下をくぐり競馬の予想屋さんや金券ショップを横目に歩いてると現れるいかにも大衆食堂って感じのラーメン屋。ピンクとオレンジを混ぜたようないかにも昔ながらの中華屋な色のテーブルがいい。でも清潔です。ラーメンは豚骨醤油にもちもち麺のいわゆる家系。「せい家」にちょっと似てる。しっかり味のしみたメンマにナルトが懐かしい感じ。美味しい。長年の歴史を感じる。ラーメン以外のメニューも豊富で、競馬新聞を手にビール飲みながらテレビ見ているおじさんたちが多い。このあたりに多い金券ショップ、といえば、梁 石日の「裏と表」は面白かった。






ちなみに今夜もラーメン行きました。いつもの世田谷通り沿い「一心」。(過去記事)ふくいしラーメンと餃子いただきました。仕事帰りの夫、ラーメン屋でもパソコン開きお仕事、恐ろしい数のメールを処理しています。その横で私はいつものようにパジャマに半分濡れた髪の風呂上り姿で、厨房のおじさんと話しながら高菜をつまみにビールをがぶ飲みしておりました。
ああ、今週も一週間おつかれさま~。