大変申し訳ございませんでした。爪切りに失敗しました。ちょっと切りすぎて流血させてしまいました。ショックでした。幸い血はすぐ止まったのでよかったのですが、エフの「ヒン~」というか細い声が耳から離れません。ごめんなさい。エフ、痛かったか。ああ、もう恐くて爪切りできなくなってしまいそう。
それでなくてもエフはチビの頃から爪切りが苦手で逃げ回ります。これでは二度と切らせてくれなくなってしまう。自分の爪が少しでも伸びているとすぐ切ってしまう私(いつも深爪気味)は、エフの爪も長すぎて歩きにくいのではないかと気になって。いつも慎重にほんのちょっとづつ切るのですが・・。予想以上に血管が伸びていたのでした。ごめんなさい。二度と失敗いたしません。ああ、恐かった。子どもの頃から血を見ると目の前真っ暗になって処構わず倒れていた私、必死で包帯巻いた後、動悸が止まらずその場に臥しました。ああ、気が弱い。

豚耳でご機嫌とり。
ほんとにごめんね。エフ。
自分ではない人のツメを切るのって人間でも難しい。ジッとしていないし、どこまで切っていいかわかりづらい犬の場合、とても難しいです。
はぁ、どうやったら、上手に爪切りできるんだろう。