今週末は法事で実家へ帰る。母の三回忌だ。
エフも一緒に連れて行くのだが、ちょっと心配。実家に親類が集まるので迷惑をかけないだろうか。礼服を着た皆さんにまとわりついて黒い服を白い毛で覆い尽してしまいそう。コロコロでとってもとっても追いつかないだろうし。いくらごく近い親戚だけとはいえ、親しき仲にも礼儀ありだし。な、エフ。おとなしくしていられるか?・・・、それはムリな相談だよな。
はしゃいでしまうのは仕方がないので、せめて毛の散乱を少しでも防ぐためTシャツでも着せていこう。
と、思ったのだが、うちには犬用の服がない。私のお古を着せたりしていたこともあったが嫌がって引っ張ってボロボロになってしまった。もうちょっと着心地のいい感じのはないかと探したが見つからず。仕方あるまい、犬服を買いに行ってみるか、と出かけてみた。が、大型犬用が全然ない、ちょこっとだけあったが高い。しかもあんまりかっこよくない。うーん・・。
やっぱり、自分で作るしかないのか。近頃、色んなブログで手作り服を見ていていいなあ、と思っていた。しかし、うちにはミシンがないんです。手縫いじゃ気が遠くなるし。
どうしようと思いながら帰り道、ダイソーへ立ち寄った。そこで見つけた子ども用のTシャツ。ジャージ素材でラグランスリーブ、1枚200円。これをちょこっとリフォームしてみたらどうだろう。

で、帰宅後前身ごろの幅を狭くするだけの簡単リフォーム。チクチク手縫い。
白×グレー。ちょっと丈が短いけどまあいいか。



色違い。赤×紺。





不満そう。




やっぱり脱ごうと暴れるので、着るといいことあると思わせるように散歩に出かけてみた。ウキウキはしゃぐエフ。

散歩途中、初めて会ったミニチュアシュナウザーを連れた若い女性に「ワンちゃん、服着て窮屈じゃないですか?」と言われてしまった。犬は自然が一番なのにかわいそうじゃないですか、という感じで。家で毛を撒き散らさないようにTシャツに慣らしてるのですよ、と言ったところで受け入れられそうもない雰囲気だったので「オナカ、ケガしてるもんですから~」とテキトーにお茶を濁してきた。
そりゃハダカの方がいいに決まってる。そんなことはわかってますよ。でも窮屈だろうが人間と一緒に暮らしている限り、時に人間の都合に合わせてもらわないとどこでも一緒ってワケにいかなくなっちゃうのだ。犬だって毎日大草原を思い切り走っていたいだろう。でも現実は人間と一緒の玄関で靴を脱ぐ家の中で暮らさなくちゃいけないのだから。
まぁまぁオネーサン、そんな目くじらたてないでください。ちゃんとわかってますから。
汚しちゃいけないところへ行く時くらいガマンしてくれ、エフ。慣れればどうってことないぞ。きっと。

実家でお行儀よくしていておくれよ。頼むぞ。