たくさんのコメント、メール、電話、本当にありがとうございました。

ef夫、月曜から会社に復帰しました。
激痛はなくなりましたが、腿、ふくらはぎ、足裏の痛みとしびれは引き続きです。立つのも座るのも歩くのも恐る恐るです。検査の結果は明日ですが、あちこち調べたり問い合わせしたり受診したりしています。
動きに制限があり重いものなどもちろん持てませんので、お米もビールも布団もエフも私一人で担いでいます(これはいつものこと)。ソファやテーブルやテレビの移動もおてのもの。つくづく腰が丈夫な私って頼もしい~。

そして電車での通勤がやや無理な感じなので、車で送り迎えしています。頼れる運転手は私。
会社までの道のり、途中永田町界隈を通過するのですが、朝、周りは黒塗りの大きな高級車だらけです。大体助手席には誰も乗っていなくて後部座席にえらそうな人が乗っています。
夫にも後部座席で新聞でも読んでみたらどうかと勧めてみましたが、そんな気分でもないようです。

夜はタクシーだらけで、深夜の青山通りは高速化しております。いかにして早く目的地に到着するかタクシーと競い合いです。負けません。

昨夜、丁度赤坂の高架にさしかかる辺りで、右前方を走っていた車がいきなりこちら側に車線変更をしようとしてきました。接触しそうな勢いで。とてもあせりました。
普段滅多なことではクラクションを鳴らさず、たびたび助手席にいる夫が手を伸ばして代わりに鳴らしたりするのですが、近頃少し男らしい私は躊躇せずに思い切りプププーっとやりました。窓をあけて「コラー!」と叫んでみてもよかったです。
するとその黒い大きな(怖そうな)車はあわてて元の車線に戻りばつが悪そうにそのままゆっくりと走行していきました。
優位にたった気分の私、横にぴったりくっついてちょっとだけ並走してやりました。横を向いてすごんでやろうかと思いましたが、やめておきました。
すごんでもむこうはちっとも怖くないと思いますが。

そんな武勇伝を夫に話したらこっぴどく怒られました。
はい、気をつけます。



エフは元気です。今日は城址公園でたっぷり走りました。




こちら私の現在の枕元。
腰にはかなり詳しくなりました。