本日無事退院しました。
12日ぶりのエフとのご対面。さぞかし興奮するだろう、受け止められるだろうか、と心配しつつ玄関を開ける。喜びのあまりいきなり飛びついてきたらどうしよう、などとドキドキしながら。

「ただいま~」

「あ、おかえり~」玄関でお座りしてしっぽ振っているエフ。嬉しそうな顔。

あれ?エフ?この人覚えてる?
なんと、とても静かに出迎えてくれた。全く飛びつかずただ嬉しそうに夫に寄り添っている。今までの経験から夫を見た途端、しがみつき、ひっくり返り、右へ左へダッシュしてスリッパくわえてジタバタかなあ、と予想していたのに。

足元に座って静かに甘える。

「ちょっと離れてる間にオトナになったなあ。」

ずっとこんな感じ。
なんとも優しいまなざしで夫を見つめるエフさん。


あまりにも落ち着いたエフのオトナな態度にちょっと淋しい夫。
入院中納車された2台のカレラを並べて色んな角度から眺める。

そして抜群のタイミングでお花が届いた。
お義姉さんから退院祝い。とてもきれい。ありがとう!
やっとお祝いムードになりました。