朝、起きてきたef夫の隣りに
無理矢理腰をおろすエフ。

隣りというか、半分上に乗ってます。


朝の散歩。
秋晴れだけど風が強い。

「万葉の小径」という名の近所の緑道。
ナツメ・アオギリ・サンショウ・モミジ・イチョウなど
様々な木々が生い茂る短い小道。
それぞれの木には柿本人麻呂や山部赤人など
万葉歌人が詠んだ詩や説明など
その木にちなんだ札が付けられている。
しっとりしたいい緑道です。


エフはパンダ並みに笹の葉っぱをムシャムシャ食べてます。



(笹?でいいのか定かではありません。)


そしていつもの砂の公園でボール投げ。


弾むエフを激写!


走る!

跳ぶ!

ファンブル!

そして
なかなかタバコやめられないef夫。


やめようと思えばいつでもやめられると言いつつ
何年経っているのか。

こちら
流し台の覗き込みがなかなかやめられないエフ。

こっそりやってるつもり。
が、いつもバレる。
そしてその場で固まる。
まったくいくつになったらやめられるのか。

以上、いつもの休日の風景でした。