この土日、爆弾低気圧にも負けず、日光に。
友人Yさんの別荘にお邪魔することになったのです。
日光からさらに上ると、おそらく雪があるらしく、寒いところに行きなれていない我らは、当日の朝とりあえずスーパーで2000円のスノーブーツを買って出発。

2時間半で日光到着。
相変わらず雨がざぶざぶ。でもひとけがなくてよい感じ。
何事も空いているのが一番。

日光駅からYさんの先導で別荘に着くと、
まずはお約束のエフの興奮状態が。
迎え撃つはYさん一家の愛犬リキ(コーギー、1歳、オス)。比較的積極派のリキと、超消極派のエフは、やはりほぼリキの支配関係で収まった。


それにしても、趣味のいい別荘。まだ築3ヶ月の新品。シンプルで広くて、半ログハウスなので木のにおいに満ちている。世田谷に住むYさんは、かなりの頻度で来ているらしく、マメにメンテし、マメに働き、さらに快適にしているよう。
薪ストーブをマメに管理するYさん。犬興味津々。これでトーストや焼きイモも作ってくれる。




到着早々Yさんがチョコレートフォンデュを作ってくれた。具はイチゴとマシュマロ。美味しかった~。
そして夕食もYさんお手製。まるでステーキのような高級ハンバーグをいただきました。絶品。
別荘では全てYさんが食事の準備をする。もちろん片付けも。奥さん曰く週末と別荘ではYさんがほとんど家事をするそう。いいなあ~とため息つくと「別荘があれば俺だってやる」とef夫。
夜は配備された高級なお酒をぐびぐびといただき、なんと至れり尽くせりなことか。
ひとしきり飲んだ後は、近くの露天風呂に。極楽。




それにしても、Yさんのお子さん(姉弟)はものすごくかわいい。仲がいいし礼儀正しいし優しいし。弟君はエフをスキスキ~と適度にやさしくかわいがってくれる。…小さい子は大概適度ではないのに、なんとできた子。
誰よりもエフの気持ちを理解し代弁してくれていた。
弟君実は以前、ウチにエフ見学に来て、あまりの大きさに泣き出したことがあり、今回もちょっと心配だったけど、すごい変わり様だった。
「エフスキスキ~」「エフこっち向いてぇ」「エフなめてぇ」「エフいつ帰っちゃうのぉ?」と、もう、たまらなくかわいかった。

賢くてしっかりもののお姉ちゃんは二匹と上手に遊んでくれる。
放っておいて全く心配なし。

犬が舐めても大丈夫なシャボン玉で遊ぶ。二匹夢中。


日曜の朝は晴れ。予定通り、Yさんの車に全員乗車で中禅寺湖へ登る。


こんな山の上にあふれそうな湖。

なんで冬の湖は黒いんだろ。


風で波立ち、ちょっと怖い。


寒さをものともせず、子供たちも犬たちも遊ぶ遊ぶ。大人(特にef夫と私)も興奮。






エフ雪上を走る!

ザクザク駆け回る。

さすがに雪泥とは違う。

うれしそー。


そして車はまだまだ走る。その名も「戦場ヶ原」。名前も怖いけどなにせ道はガチガチ、時々吹雪いて視界はナシ。でもYさん、難なくクリア。かっこいー。スタッドレスの威力もすごい。

真っ白な雪の牧場で遊ぶつもりが次第に激しくなる吹雪に早々に撤収。
美味しいホットミルクをいただいて下山。

2000円のスノーブーツもなかなかどうして活躍しました。

下山のいろは坂は興奮して体力を使い尽くしたエフはef夫のヒザで安眠。
(が、ef夫も寝ていた。)

ああ、楽しかった。
Y家のみなさま、何から何まで本当にありがとうございました。




都心からもそこそこ近く、四季常に遊べるいい立地と、
何よりさっぱりとした居心地のよい別荘。こんなのほしいー。
…いや、海と山に近い実家があるから我慢するか。
それにYさんみたいにマメに働かないと思うし。


一晩明かすと二匹も遊ぶようになりました。

よかった。

リキ、また遊んでね。