とある休日、経堂駅でef夫を待つエフ。

改札の方を見てはしっぽ振ったりやめたり。
まだかな、まだかなぁ、ハラハラドキドキ。

待つこと5分。ついにいとしのef夫キター!
あと10メートル、しっぽフル回転。
そして人目もはばからず飛びつく。まさに感動の再会。


ef夫も嬉しそう。
やっぱりオレがいないとダメなんだなと満足気にリードを握る。


よしよし、エフ、さあ帰ろうと促すが、、、


帰らないエフ。
さらに改札から誰かが出てくるのを待っている模様。

どうやらef夫でなくお客さんを期待していたらしい。





オレで悪かったよとうなだれるef夫でした。