「ネットスーパー」とは、食料品や日用品などスーパーの店頭商品をネット上で購入、即日または翌日配送してくれるサービスのこと。
注文を受けると専任スタッフが実店舗で注文者に代わって商品を選ぶ。もちろん価格も一緒、デイリーの特売品なども一緒。注文時間や混雑具合によって配送可能時間がかわってくるが、最短2時間後に届く。時間指定できる。5000円以上で配送料は無料(西友の場合)。会費等もなし。
現在西友やイトーヨーカドー等大手スーパーが参入、主に都内で展開している。
サイトを覗いてみると食料品も飲料も日用雑貨も品揃え豊富で、生鮮品だけでなくお米とかビールとか調味料とかトイパとかかさばるもの買うのにも便利な感じ。数時間後に届くってのもすごい。
事業としては人件費・配送費等コスト大故まだ赤字らしいが、今後需要が増すとみて力を入れているところも多いそう。
そういえば近頃「ネットスーパー配達中」という札をつけたワンンボックスを時々見る。
昨日からサミットでも始まったらしい。

で、西友のネットスーパーを利用してみた。
昼前に注文して夕方4時~6時に指定、4時半に届いた。
普通にスーパーの袋に入れられ届けられる。自分で買い物してきたのとなんら変わらない。なんてラクチン。
さらにちょっと嬉しかったのは、注文したグラム200円のオーストラリア産牛肉が品切れのため、グラム358円の国産牛肉に格上げされていたこと。しかも1パック(180g)注文しただけなのに、国産のは1パック155gのため180gに足りず2パックいれてくれてあった。もちろん差額はスーパー負担。ラッキー。(西友から品切れ&代替えでもいいかの丁重な電話あり)
こういうのがリピートにつながっちゃったりする。
開拓期だけに信頼を得ようとサービスに力を入れているのがわかる。
配送のおじさんもとても感じよし。エフも満足。


一月位前にテレビの株番組でネットスーパーの特集をやっていて、実際注文を受けて専任スタッフが店内(西友)で商品をカゴに入れている様子をレポートしていたのだが、普通に主婦がやるように生鮮品は日付の新しいものを選び野菜や果物なども傷のないきれいなものをキチンと吟味していた。確かにうちに届いたお肉も魚も野菜も卵も新しくてきれいなものばかりだった。私が選ぶより全然几帳面。
↑グレードアップ&大幅増量の牛肉でいつもより贅沢なカレー作りました。

私は通常スーパー(オオゼキ)で一週間分の食料をまとめて買う。カートを押し徘徊しながらぼんやりと献立を考えつつあれこれカゴにいれていく。色々見ながら歩いているとどうしても余計なものを買ってしまったりする。ダラダラと時間ばかりかかって必要なものを買い忘れたり。
ネットスーパーのいいところは時間短縮もあるし重たい荷物を運ばなくていいっていうのもあるが、やっぱり計画的に(予算内で)買い物できるというのがいい。即日配達だし。実に合理的。
もはや暮らしの中のあらゆるものをネットで買っているけれど(楽天カード大活躍)、こんな日常的な買い物までネットでできるようになってしまったのね。すごいなぁ。

それにしても、細かい時間毎のサイト更新作業に煩雑なオペレーション等、運営するの大変だろうなぁ。

こういうインフラをいち早く完璧に作ってしまったところが流通を制するのだろうなぁと思いました。
気に入りました。これからも利用します。オオゼキさんでも始めてくれないかなぁ。