行ってきました写心展初日


たくさんの人と犬で会場は大盛況でした。


入り口ではホタさんがお出迎え。

あいかわらず素晴らしく落ち着いた物腰。お仕事モード。


うちの犬もあいかわらず…。

嬉しくてひっくり返りまくり。

スタッフの綺麗な女性(姉々さん?)がヘラヘラ落ち着かないエフを預かってくれて、ゆっくりと写心を見ることができました。どうもありがとう、助かりました。

挨拶文と一緒にmyイラスト発見。
こんなに立派になって。じーん。

会場の外にも人と犬がいっぱい。



たくさんのワンコに会えました。


かっこいいロジャーくん。


優雅なモモちゃん。

ピッチピチのナバちゃん。

ん?この風格あるお顔、どこかで見たことあるぞ。


ミミンちゃんだ。
本当に耳がミミンちゃんだー。

そぉちゃんの姉妹なのね~。

そして、会いたかった「えひちゃん(本名エフちゃん)」に会えました。


エフとエフ。

病気と闘っているえひちゃんですが、元気で目がキラキラ、幸せそうな笑顔で、嬉しくなりました。かわいかった!

また会おうね。


入り口にずっと立っているホタパパさん、丁寧にお出迎え&お見送りして、静かに嬉しそうに皆の様子を眺めていらっしゃいました。


ef夫がなにやら色々質問してましたが。
そして、なんといってもホタル。
なんでもわかっているホタル。
日本中を周り苦楽を共にしてきたホタパパさんの相棒。
その控えめで優しくでも意志の強い佇まいを見ていると何故だか時に切なくなるよ。

「ホタルかわいいなぁ~えらいなぁ~」と帰りの車中でef夫。エフをホタルと呼んでみたりしてましたが、性格は変わりませんよ。


この日に発売になった2冊。
「頑張れ!老犬、青空の下で」
「犬たちからの贈りもの」


油断してページを開いたら
のっけから涙があふれてしまった。
老犬ってなんでこんなにかわいいんだろう。

こちらで買えます。




お、ここにも発見。




あたたかい春の日の
あたたかい写心展でした。