7月7日(火)MRI検査。夕方結果について担当医よりお話がある。

やはり第3腰椎と第4腰椎の間の椎間板が大きく飛び出ている。
さらに飛び出たものが下方向に向かって垂れたような状態になっている。広い範囲で神経を圧迫している。これが左足の激しい痛みと機能低下の原因であろうと。
画像を見るとよくわかる。

治療法としては神経根ブロック等の保存療法かあるいは手術だと。
手術の場合、背中を切るのが3度目になるので以前の手術による筋肉や骨の癒着があり神経に触れずに飛び出たものを上手に取り去るのは簡単ではない、前回よりもリスクは上がり痛みも残るかもしれないと。

ef夫は最初からずっと手術を望んでおり迷わず手術を選択。
リスクのある手術に私は躊躇、でもこんなに長く寝たままなのに痛みが引かないのはやっぱり切らなければ無理なんだろうと思い、覚悟を決めた。

というわけで9日(木)に手術することに決まる。

今回の痛みは長く大きくこれまでと質も違って、ヘルニアだけではなく何か他の病気があるのでは?と疑っていたこともあり検査結果を聞いて少しほっとした。大きなヘルニアで3度目の手術は怖いけれど、とにかく一歩踏み出せたことに希望がわいてきた。

7月8日(水) 看護師から「ヒゲを剃ってください」と言われ、そんなに汚らしいかなと思っていたら手術時にする酸素マスクや管等を留めるのにヒゲがあるとうまく留らないからだそう。なるほど。
車イスに乗り初めて洗面所へ。伸びたヒゲを剃る。座った状態でも3分位経つと足が痛み始めるため急いで剃る。うまく剃れず不本意な様子。ヒゲ剃りだけで汗びっしょり。

手術のため準備色々。CTを撮り、採血。リハビリ科による術前機能検査。麻酔医からの説明。執刀医からの手術内容、リスク、輸血等に関する重要事項説明、同意書にサイン。
明日のスケジュールと必要なものを伝えられる。和式の寝間着、バスタオル2枚、おむつ、弾性ストッキング。
ストッキングは3年前に使ったものが家にあったので買わずに済んだ。寝間着は病院の売店で売り切れで、夜急いでライフに買いにいった。


7月9日(木)6:00 浣腸。
7:00 点滴が始まる。

義母、義姉、姪からのファックスを読む。ずっといつも助けてくれてありがとう。
ちょうど個展期間中の忙しい中何度も電話をくれ心配していた父(見に行けなくてごめん)、お兄ちゃんもありがとう。Yさん、Kさん、SくんIくんKちゃん、Fさん、Sさん、kurakura、グーママ、オカリンマン、Hちゃん、Kちゃん、シュウくん、会社の皆様、ご無沙汰だった友人たちなどなど、たくさんの励ましをありがとう。そしてブログで応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。エフオット、いってきます。お義父さん、お母さん、ご先祖さま、どうか守ってください。


8:00 手術着に着替え弾性ストッキングを履く。

すごく緊張していたのに、この姿がバレリーナみたいで笑ってしまった。

担当医(執刀医)がやってきて「がんばりましょうね。」とにっこり。
はい、よろしくおねがいします。

8:40 ストレッチャーに乗りエレベーターで4階へ。
私は家族控え室へ。ef夫は手術室へ運ばれて行った。
手術は9:00に開始、予定では2時間程で終了すると言われていた。

控え室でじっと待つ、待つ、待つ。うううう、この時間は本当にイヤだ。何度も深呼吸。

11:40 先生に呼ばれる。小走りで部屋を出ると手術室からef夫が運ばれて出てきたところ。
「無事終わりました。」と担当医がにっこり。あああーよかったーーーーーーーー。
「奥さんですよ。」と麻酔から醒めたばかりのef夫に先生が呼びかける。
目が合った。おお、無事だ。よかった。
一緒にエレベーターに乗る。酸素マスクの下からかすれた声で「なにか取れました?」とef夫が静寂を破り声を発する。「結構なのがとれましたよ。」とポケットからおもむろに摘出した白い物体の入ったカップを取り出す先生。うわ、ほんとだ。大きい。前回のより大きい。
「これが神経と骨の間に入り込んでいました。相当な痛みだったと思います。」と。こいつだったのか。


部屋に戻る。足の血栓予防のエアチューブ、酸素等諸々取り付けられる。背中が痛いef夫は体勢を変えたくて苦悶の表情。30分おきに血圧、脈、体温を測定。傷の痛みがあり座薬を入れる。
先生がやってくる。足の様子を診る。動く動く。あーよかった!
そしてずっと存在していた膝下の痛みがほとんどなくなったようだと。おおおお!ほんとーですか。嬉しい!泣けるー。

15:00 初めてのお水を飲む。
少し落ち着き、Yさんが送ってくれた水滸伝(全6巻)を読み始める。元気だ。よかった。
一旦帰宅した私にef夫からメールが。なにごとかと思ったら「メジャーを持って来てくれ。」と。なに?

18:00 酸素マスクがとれる。
早速摘出された物の大きさを測る。
そのためにメジャーが必要だったのか…。
この日は1日絶食。水分と抗生剤の点滴。
傷から出ている管と尿道から出ている管と点滴の管と足のエアチューブで身動きができず背中が重く、朝まで一睡もできなかったそう。水滸伝読み終えたそう。

7月10日(金)7:00 尿道の管が外される。
朝ごはんは普通食。頭をここまであげて自分で食べる。5分経っても足が痛くならない!すごい!

8:30 先生がやってきて背中の傷を診つつ血をとっていた管を抜く。足を診る。
明らかな痛みの軽減。ほとんど感覚がなかった左足の甲も感覚が少し戻ってきたよう。
今日から積極的に動いていいと。

ベッド横に立ってみる。怖々と慎重に。まだふらふらするが数分経ってもスネの引き攣るような破裂するような痛みが襲ってこない。夢のよう。
ef夫、およそ一ヶ月ぶりの安堵の笑み。その姿にじーん。。。

午後 リハビリの先生に支えられ廊下を歩く。術前に比べて明らかに足の動きが改善されたと。いいんじゃないかと。50m程歩いただけでもうフッラフラでしたが。
2週間も寝たきりだったので、足の筋力と体力の衰えは著しいよう。特に左足の筋肉はぷにょぷにょになってしまったそう。これからゆっくりとリハビリです。


心配し応援してくれた皆々様、本当に本当にありがとうございました。
やっと、やっと光が見えてきました。
ああ、いつぶりだろう、久しぶりにぐっすり眠れそうです。