ビビ:ふー、東京の水もまあまあね。



ビビ:えーと、向こうへ行きたいのですが。


ビビ:そこにいられては
   通れないではないですか。



ビビ:こっちを見ないでくださいよ。


ビビ:見ないでくださいよ!


ビビ:そーっと通りますからね。


ビビ:そーっと…。


ビビ:見てないですよね?

最終日もこんな感じのビビエフ。
接近できるようにはなったけれど、目を合わせることはない。(エフは見てるケド)
そして、



ef夫に甘えようと試みるビビ。


えーっと、
エフさんはこっち見てないわよね?


シュウくんのところにいるから大丈夫と。


チャンスだわ。
ペロペロ。


しかし!
すぐきた!


べろべろべろべろ。


はいはい、わかりました。ごめんなさいね。


あ!一瞬目が合った!


…ような気がする。。。

ビビ、来年も来てね!