年末の大掃除で、ブラインドの羽を1枚1枚キレイにする労力と時間を考えたらいっそ買い替えてしまった方がいいのではないかという私の主張にef夫も賛同して(たぶん面倒なので)、すぐさま数年前にブラインド類をそろえたお店へ行き見積もりを出してもらう。勢いにのってリビングの洗えないプリーツスクリーンも一緒に。がしかし、「年内に納品できない」とのことで、あっさり冷める。
ならば、geronimoさんがおっしゃっていた「ブラインドははずしてお風呂場で洗うと良い」というご意見を参考に、洗ってみることに。年末ギリギリにef夫が実践したのだった。
そしてそれが結果的に非常に上手くいき、特にef夫自身の満足度が大変高い仕上がりで。
「それにしてもあのブラインド掃除はすごかったね〜、なんて後々まで語り継がれてしまうだろうな。」「これからことあるごとにあのブラインド掃除のこと出されちゃうのかな〜、まいったな。」などと1人で勝手に照れるほど誇らしげでして。うちに来る人みんなに見せて、「そのうちブログに上がると思うから」と実家の人たちにも言っていた。

というわけで、
ef夫の「語り継がれるブラインド掃除」レポートです。


まずはお風呂場にブラインドを吊るせるように幅と高さを考えて突っ張り棒を縦方向に設置。


そして外したブラインドを突っ張り棒に紐で結んで固定。



※パジャマのまま作業しております。


市販の油汚れクリーナーをふきつける。


汚れが浮き出る〜。


スポンジで軽く撫でる。


裏側も。


あとは水で流すだけ。

ピカピカ。
羽が折れることもなく。

タオルで軽く水気を拭き取り、
自然乾燥の後、元に戻す。


本当に新品のようにキレイになった。
紐まで真っ白。


パーペキ。
素晴らしい。

買い替えなくてよかった。


大変よくできました。

以上、ef夫の「語り継がれるブラインド掃除」でした。



-----------------------------------------------------------------



ついでにもうひとつ。
強風や砂埃や花粉を避けるために洗濯物を部屋の中に干すための物干しが欲しくて。洗濯機に乾燥機能もついているけれど時間がかかるしイマイチなので。
今までは天候によっては脱衣所に干して衣類乾燥機をかけていたのだけれど、冬場は暖房を付けているリビングに干せば加湿にもなるしいいなあと思っていて、



こんなのでも買おうかなとベルメゾンを見ていたら、そんなもの買うのなら壁に直接取り付けた方がいいとef夫。


で、ユニディで見つけたこれを取り付けてくれた。



これはコードが収納されているボックス。


反対側の壁にコードを受けるパーツを取り付ける。


このように引き出して、



こちらに引っ掛けてロックするだけ。

素晴らしく便利。
使った後の巻き取りもワンタッチ。


洗濯物もすぐ乾く。
加湿器いらず。
部屋には柔軟剤のいい香り。



場所もとらず邪魔にならない優れものです。

ああ、ベルメゾンで余計なもの買わなくてよかった。


エフが不審に思っているようですが。

ありがとう。便利になりました。


あ、壁に取り付けるといえばもうひとつあった。

枕元の壁に取り付けたL字金具と木の端切。

このようにして使う。

読書灯。


地味だけど、最近の一番のお気に入りらしい。



Twitterボタン